多彩な経験と人との出会いは
「オンサイトサポート」
ならではの魅力です。

武田勇希
第一システム部二課 課長代理
(平成21年入社)

Interviewオンサイトサポート

オンサイトサポートとは?

IT業界ではポピュラーな勤務形態で、他社からの要請でエンジニアが派遣され、その会社のプロジェクトメンバーの一員として業務を行ないます。当社でも常時10数名がオンサイトサポートとしてお客様のオフィスで働いています。
派遣される期間はプロジェクトによってさまざまです。私は入社して8年になりますが、その半分くらいの期間をオンサイトサポートというスタイルで働き、多くのプロジェクトに参加してきました。

01オンサイトサポートとは?

オンサイトサポートの良いところは?

多様なプロジェクトに参加し、社内では味わえない経験を積めることですね。毎回プロジェクトに集まるスタッフもそれをまとめるリーダーも違うので、いろんな価値観や考え方に触れることができ、大いに刺激をいただいています。また、プロジェクトに参加するたびに、知り合いが増えていくので人間関係が豊かになります。

印象に残っているプロジェクトは?

既成ソフトをカスタマイズして、ある大企業のシステムを組むプロジェクトです。開発期間に1年以上、100人余りが関わる数億円規模の仕事でした。参画するメンバーの中には海外の人たちもいて、海を越えてのスケールの大きな仕事を一緒に手掛けていると思うとワクワクしましたね。
プロジェクトの参加から、その貢献が認められて次のプロジェクトに指名をいただくこともあり、それが仕事へのモチベーションアップにつながっています。

03印象に残っているプロジェクトは??

社内との交流は?

オンサイトサポートだと本社に行く機会が少なく、現在は密接とは言えませんが、今後は派遣先の仕事とのバランスをみながらオンサイトサポートのスタッフたちが、社内の仕事もフォローできる体制が取れるように準備を進めているところです。
オンサイトサポートは会社にとっても月々の安定収入につながっており、ある意味会社を根底から支えている存在だと自負しています。私は今の社員の中では一番社歴が長いですし、会社に愛着があるので、これからも会社の役に立っていきたいですね。

会社に感謝しているところは?

子どもが生まれて間もない頃に、男性では社内第一号として育児休暇を取得しました。私は元々、夫婦で子どもを育てるのは当たり前だと思っていましたし、家庭の事情もあって取得を強く希望していたので、休みをいただけて本当にありがたかったです。
子育てからは学ぶことがたくさんあります。子育てで得た気づきが、仕事のヒントになることもあります。まだ、男性の育児休暇は一般的ではありませんが、思い切って取得したことで仕事に対する価値観も変わったように感じています。

05会社に感謝しているところは?